アクセシビリティ

Flash Player ヘルプ

目次

グローバル記憶領域設定パネル

AlertThis content requires Flash

Download the free Flash Player now!

Get Adobe Flash Player

注意:上に表示されている設定マネージャーは、説明用の仮画像ではなく、実際に機能する設定マネージャーです。設定マネージャー内のタブをクリックすると別のパネルにもアクセスでき、各パネル内のオプションを調整することで Adobe Flash Player の設定を変更できます。

一部の Web サイトは、Flash Player で実行されるゲームのハイスコアや商品の購入履歴といった情報をユーザーのコンピューター上に保存するよう作成されています。グローバル記憶領域設定パネルでは、Web サイトの指示によって、これらの情報が保存されるディスクスペースの容量を調整したり、あるいは、これらの情報が一切保存されないように設定することができます。 (Web サイトの指示で情報が保存されないように設定した場合は、当該 Web サイトが制作者の意図通りに機能しなくなることがあります。)

このパネルでは、以後、初めてアクセスする Web サイトに対して適用される、デフォルトの記憶領域設定が指定できます。 (すでにアクセス済みの Web サイトに関する設定を変更したい場合は、Web サイトの記憶領域設定パネルを使用します。) 当パネル内の記憶領域に関するオプションは以下の通りです。

  • いかなる Web サイトのアプリケーションにも、情報をコンピューター上に保存することを許可せず、なおかつ今後、確認メッセージが表示されないようにしたい場合は、「今後表示しない」を選択します。 なお、この操作によって、すでに保存済みの情報が削除されることはありません。 (すでに保存済みの情報を削除したい場合は、Web サイトの記憶領域設定パネルの削除オプションを使用します。)
  • コンピューター上への情報保存の許可を各 Web サイトのアプリケーション毎に判断したい場合は、スライダのつまみを一番左(なし)に移動します。 この場合、当該アプリケーションがコンピューターに情報を保存しようとするたびに、より多くのディスク容量の割り当てを求めるメッセージが表示されます。
  • あらゆる Web サイトのアプリケーションに対して、必要なだけ情報をコンピューター上に保存することを許可したい場合は、スライダを一番右(制限しない)に移動します。
  • あらゆる Web サイトのアプリケーションに情報をコンピューター上に保存することを許可するものの、各 Web サイトが利用できるディスク容量を制限したい場合は、スライダを使って 10 KB、100 KB、1 MB、10 MB のいずれかの値を選択します。 アプリケーションが所定の容量以上のスペースを必要とする場合には、当該アプリケーションの実行時に、より多くのディスク容量を求めるメッセージが表示されます。
  • (Flash Player 8 以降のみのオプション) サードパーティコンテンツによるコンピューター上への情報保存を防止したい場合は、「サードパーティ製コンテンツにコンピューター上のデータを格納することを許可します。」オプションのチェックを外します。

    通常、Web サイトコンテンツの大半は、ブラウザーのアドレスバーに表示されたアドレスに配置されています。 たとえば、www.[hotel].comという架空の Web サイトがあった場合、このサイトの大半のコンテンツは www.[hotel].com に配置されています。 しかし、中には、複数のコンテンツ供給源から得たコンテンツを組み合わせている Web サイトもあります。たとえば、www.[hotel].com の表示コンテンツに、[reservations.hotel].com から供給された Flash 形式の予約フォームが含まれているようなケースが考えられます。 ここでいう、[reservations.hotel].com Web サイトから供給されたフォームが、サードパーティコンテンツにあたります。

    サードパーティコンテンツが、コンピューターに情報を保存しようと試みるケースがあります。 たとえば、先述のホテル予約サイトの場合、ユーザーは、[reservations.hotel].com がユーザーのホテルの好みなどのデータを保存することを許可し、ホテルをスムーズに予約できるようにしたいと考えるかもしれません。 一方、サードパーティコンテンツがコンピューターに情報を保存することを、許可したくないようなケースもあります。 たとえば、レンタカー会社の www.[my-car-rental].com というサイトが、www.[hotel].com にバナー広告を表示し、この広告を通じて Web サイトの使用履歴や設定情報を記録するようなケースがあります。

    「サードパーティ製コンテンツにコンピューター上のデータを格納することを許可します。」オプションのチェックを外しておけば、すべてのサードパーティによってコンピューター上に情報が保存されることはありません。このオプションは、Flash Player 8 以降でのみ使用できます。 アドビでは、ユーザーが Flash Player を常時、最新バージョンにアップグレードすることを推奨しています。
  • (Flash Player 9.0.115.0以降のみ)コンピューター上に Flash コンポーネントが保存されることを希望しない場合は、「一般的な Flash コンポーネントを保存してダウンロード時間を短縮する。」オプションのチェックを外します。

    Flash Player では、複数の Web サイトで使用される一般的または共通の SWF ファイルおよび FLV ファイルや関連コンポーネントを、ユーザーのコンピューター上に保存しておくことができます。これにより、ダウンロード時間の大幅な短縮と、すばやい閲覧体験が可能になります。たとえば、www.[hotel].com と [reservations.hotel].com がそれぞれのサイトにおいて、共通のAdobeコンポーネントを使用しているような場合に効果が見込めます。

記憶領域の概要については、設定マネージャーの「記憶領域の設定とは?」の節を参照してください。