アクセシビリティ

Flash Playerヘルプ

コンテンツ作成者のためのグローバルセキュリティ設定

目次


メモ:上に表示されている設定マネージャは、説明用の仮画像ではなく、実際に機能する設定マネージャです。設定マネージャ内のタブをクリックすると別のパネルにもアクセスでき、各パネル内のオプションを調整することで Adobe Flash Player の設定を変更できます。

Flash Player 8 以降で実行するコンテンツを作成または管理する場合は、このページの情報を参照してください。それ以外の場合は、「グローバルセキュリティ設定パネル」を参照してください。

ここでは、SWF または FLV コンテンツをローカルにテストし、そのコンテンツが古いセキュリティルールを使用してインターネットとの通信を試みる場合の設定方法を説明します。また、Flash Player 8 以降で実行するコンテンツをローカルにテストする方法を説明します。詳細については、こちらを参照してください。

Flash 開発者は、ほとんどの場合、最終的にはインターネット上に展開される SWF または FLV コンテンツを作成します。しかし、アプリケーションの開発中は、Web サーバに配備されたコンテンツではなく、ローカルに保存されている SWF または FLV コンテンツを使用してテストしなければなりません。ローカルなテスト環境では、Flash Player のセキュリティ機能によってメッセージが表示され、開発したアプリケーションが期待どおりに機能しない場合があります。 この問題を解決するには、設定マネージャを使用して、作成する SWF または FLV コンテンツを信頼できるコンテンツに指定します。

(Flash Player 8 以降のみ)コンピュータ上の SWF または FLV コンテンツがインターネットと通信することを許可するには、次のように設定します。

  1. このページの上部に表示されているグローバルセキュリティ設定パネルでポップアップメニューをクリックし、「追加」を選択します。

    このサイトを信頼するボックスが表示されます。 あるダイアログボックスで「設定」ボタンをクリックして設定マネージャを開いた場合、このサイトを信頼するボックスには、C:¥directoryname¥filename.swf または /Users/directoryname/filename.swf のようなパスが表示されます。これらのパスは、インターネットと通信しようとして、Flash Player のセキュリティ機能によってアクセスを拒否されたファイルのパスです。インターネットとの通信を許可するコンテンツのパスが表示されている場合は、そのパスをコピーして、このサイトを信頼するボックスに貼り付けます。 または、どちらかの参照ボタンをクリックして、コンテンツの場所を参照指定します。

    このとき、作成中のコンテンツのみを含むローカルファイルシステムのディレクトリを指定し、他のソースからダウンロードした SWF または FLV コンテンツを含むディレクトリを指定しないようにしてください。ディレクトリを追加すると、そのディレクトリに含まれるすべてのファイルとサブディレクトリが、信頼できるファイルおよび場所になります。 トップレベルのディレクトリを信頼できる場所に追加するのは避けてください。
  2. 「確認」をクリックします。

    その場所が、セキュリティ設定パネルに表示されます。 セキュリティパネルの上部で「常に拒否」や「常に確認」が選択されていても、一覧に追加された場所のコンテンツは、インターネットと通信することが常に許可されます。

    信頼できる場所を追加した後で、ブラウザを更新するかプレーヤーを再起動することによって、ローカルの SWF または FLV コンテンツを再起動する必要があります。