アクセシビリティ

Flash Player ヘルプ

目次

Web サイトの記憶領域設定パネル

AlertThis content requires Flash

Download the free Flash Player now!

Get Adobe Flash Player

注意:上に表示されている設定マネージャーは、説明用の仮画像ではなく、実際に機能する設定マネージャーです。設定マネージャー内のタブをクリックすると別のパネルにもアクセスでき、各パネル内のオプションを調整することで Adobe Flash Player の設定を変更できます。

この Web サイトの一覧はユーザーのコンピューターにのみ保存されるので、ローカル記憶領域の設定の表示または変更ができるのは、そのコンピューターのユーザーだけです。アドビでは、この一覧および Web サイトからコンピューターに保存された情報にはアクセスできません。

このパネルを使用して、訪問済みの一部またはすべての Web サイトの記憶領域設定を指定します。訪問済み Web サイトの一覧には、各 Web サイトに関する以下の情報が表示されます。

  • Web サイトの名前
  • Web サイトがコンピューターに情報を保存するために費やしているディスク容量
  • Web サイトが使用できるディスク容量の上限。この値を超えると、ディスク容量の追加が要求されます。

このパネルでは、Web サイトの記憶領域設定を変更できます。また、Web サイトを削除して、同じ Web サイトを再び訪問するときに、個別に指定した設定の代わりにグローバル設定が適用されるようにすることもできます。 また、すべての Web サイトを一覧から削除すれば、コンピューター上に保存された関連情報をすべて削除できます。

注意:初めて訪問する Web サイトに対して情報の保存用に割り当てるコンピューター上のディスク容量を指定する場合、または、初めて訪問する Web サイトに対してコンピューターに情報を保存することを許可しない場合は、グローバルストレージ設定パネルを使用します。

記憶領域設定の変更

Web サイトの記憶領域の設定を指定するには、訪問済み Web サイトの一覧から Web サイトを選択し、記憶領域の設定を変更します。 当パネル内の記憶領域に関するオプションは以下の通りです。

  • この Web サイトのアプリケーションがユーザーのコンピューターに情報を保存しないように設定し、確認メッセージが再度表示されないようにするには、「今後表示しない」を選択します。
  • この Web サイトのアプリケーションに対し、コンピューターへの情報の保存は許可するが、設定はアプリケーションごとに行う場合は、スライダを一番左に移動します。 これで、アプリケーションがユーザーのコンピューターに情報を保存しようとするたびに、ディスク容量を増やすかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。
  • この Web サイトのアプリケーションが必要なだけユーザーのコンピューターに情報を保存できるようにするには、スライダを一番右に移動します。
  • この Web サイトのアプリケーションがユーザーのコンピューターに情報を保存できるように設定したうえで、使用できるディスク容量を制限するには、スライダを 10 KB、100 KB、1 MB、または 10 MB に移動します。 割り当てた容量が足りないと、ディスク容量を増やすかどうかを尋ねるメッセージがアプリケーションの実行中に表示されます。

注意:選択した Web サイトのアプリケーションが既にユーザーのコンピューターに情報を保存している場合に、保存されている情報の量より少ない値を指定すると、それらの情報を削除することを通知するメッセージが表示されます。

Web サイトを削除

Web サイトを選択して「Web サイトを削除」をクリックすると、その Web サイトは、訪問済み Web サイトの一覧から削除されます。 このとき、コンピューターに保存されている該当の Web サイトの情報も消去されます。 「確認」または「キャンセル」のいずれかを選択して、削除するかどうかを決定します。

削除した Web サイトを再び訪問したとき、その Web サイトがコンピューターに保存できる記憶領域は、グローバル記憶領域の設定パネルで指定した容量になります。 また、カメラまたはマイクへのアクセスについても、グローバルプライバシー設定パネルで「常に拒否」オプションを指定していない限り、アクセスの許可または拒否を確認するメッセージが表示されます。

すべての Web サイトを削除

「すべての Web サイトを削除」をクリックすると、訪問済み Web サイトの一覧からすべての Web サイトが削除されます。 このとき、コンピューターに保存されている該当の Web サイトの情報も消去されます。 「確認」または「キャンセル」のいずれかを選択して、削除するかどうかを決定します。

削除した Web サイトを再び訪問したとき、その Web サイトがコンピューターに保存できる記憶領域は、グローバル記憶領域の設定パネルで指定した容量になります。 また、カメラまたはマイクへのアクセスについても、グローバルプライバシー設定パネルで「常に拒否」オプションを指定していない限り、アクセスを許可または拒否するための確認メッセージが表示されます。